HOME  > 売るとき

売るとき

不動産を売却するときは、免許のある宅地建物取引業者へ依頼しましょう。

その際、宅建業者(不動産業者)と売却を依頼する旨の媒介契約を交わしましょう。

媒介契約には、3種類があり、その取引態様に応じて、売主・業者がそれぞれちがった権利・義務が生じます。

また、専任媒介契約または専属専任媒介契約を締結しますと、業者にはその物件を指定流通機構へ登録する義務が生じ、(公財)東日本不動産流通機構(レインズ)に登録され、東日本地区6万5千の業者へ物件情報が配信され、早期成約に結びつきます。

また、当協会会員業者との取引のなかで不測の損害を受けた場合、当協会(保証協会)が弁済を行う「弁済業務」という制度もあります。

売るときの諸経費

諸経費 備考
不動産売買契約書の印紙税  
譲渡所得に対する所得税・住民税 個人(サラリ-マン等一般の人)
事業所得に対する所得税・住民税 法人でない不動産業者が商品である土地を売った場合
法人税及び住民税 法人が土地を売った場合
登録免許税 抵当権の抹消登記をして不動産を売る場合
仲介を依頼した業者への仲介手数料  
不動産と消費税